「僕らのクレジットカードガイダンス」を要チェック♪

当サイト「僕らのクレジットカードガイダンス」をまずはじっくりと読んで賢いクレジットカード選びをしましょう。
見逃すことの出来ないお役立ち情報にご注目ください。

 

インターネットのクレジットカード情報サイトで自分のスタイルに見合ったクレジットカードを探してみましょう。
金利や年会費、ポイント還元率、各種保険など様々な項目を比較してお得なクレジットカードを見つけることが大切です。

 

クレジットカードにはいろいろな機能や特典が付帯されており、ただ持っているだけでも大変オトクです。
今では年会費が無料のクレジットカードもあるので、損をすることなく持つことが出来るのです。
パソコンか携帯電話があればいつでもどこでも買い物をすることが出来るようになり大変便利な世の中になりました。
しかし支払いには多くの場合でクレジットカードが必要となりますので、一枚持っておくと良いでしょう。





社会人サークル 東京
URL:http://0ffkai.lolipop.jp/ibentoichiran_tokyo.html
社会人サークル 東京ならこちら



僕らのクレジットカードガイダンスブログ:20年10月21日
今日は久々に筆が進みそうです。


体脂肪を落としたいと思って
必死に減量をしている方は、
「絶対に間食はしない!」
と心に誓っているかもしれませんが…

減量と間食って、実は相性がいいんですよ!

体脂肪を減らそうとあまりにも必死になると、
ストレスが蓄積してしまいます。
このストレスこそが、
体脂肪を減らす減量にとっては天敵なのです。

それに、
体脂肪を燃焼させるためには、糖分が必要なんですよね。

糖分というのは、摂取されてから一番最初に燃焼され、
それをきっかけとして、その他のたんぱく質や脂肪が燃焼し始めます。

なので、
少し工夫するだけで、間食を我慢しなくても
体脂肪を減らす減量はできるんですよ!

間食を食べるなら、
「洋菓子よりも和菓子の方がベター」
という話をよく耳にすると思います。

ショートケーキなどの洋菓子は
バターやクリームなどを原料にしているので、
高カロリーになってしまいますが、
和菓子などの和菓子であれば、一つ食べてしまっても
100キロカロリー前後なのでちょっと安心ですよね。

どうしてもショートケーキが食べたいのなら、
1つ全部食べきるのではなく半分で終わらせる、
低カロリーのゼリーなどを食べる…などもいいでしょう。

それに、間食をする場合には、
ご飯を食べてから3時間後〜6時間以内に摂りましょう。
食後3時間くらいは
脂肪を分解しようとする力が働き始める時間で、
糖分を体質の中にためやすくなっているからです。

さらに、お腹が減っている時の間食は
脂肪が吸収されやすく、太ってしまいます。

一回の間食をなるべく100キロカロリー以内に抑えて、
食べる時間のルールを守れば、
間食をしても減量の邪魔にはならないんです!

じゃんじゃん


僕らのクレジットカードガイダンス モバイルはこちら